地域貢献

井上 靖 記念碑

井上 靖 記念碑

井上 靖
平成2年9月、旭川開基100年記念として、旭川が生んだ偉大な作家である、
井上靖の文学碑を建立し、旭川市に寄贈しました。
4条緑橋通 旭川信用金庫 本店前に設置されています。

井上 靖 先生 略歴

1907年(明治40年)5月6日 「旭川町第2区3条通16の2」の官舎で生まれた。現在の旭川市春光5条4丁目にあたる。
父・隼雄、母・八重の長男で、父は、第7師団軍医部勤務。
1926年3月 沼津中学校卒業
1930年3月 第四高等学校卒業
1936年3月 京都帝国大学文学部哲学科卒業
1936年8月 毎日新聞大阪本社に入社、学芸部勤務
1950年2月 「闘牛」により芥川賞を受賞
1951年5月 毎日新聞社、社友となり現在に至る。
以後は創作生活に入る
1964年1月 日本芸術会員に選出される
1969年4月 日本文芸家協会理事長に就任
1972年4月 日本文芸家協会理事長を満期退任
1976年11月 文化勲章受章
1980年7月 日本中国文化交流協会(1956年設立)会長に就任
1981年5月 日本ペンクラブ第九代会長に就任
1981年10月 日本近代文学館名誉館長に就任
1984年5月 国際ペンクラブ副会長に就任
1984年5月 日中二十一世紀委員会委員に就任
1986年4月 北京大学より名誉博士号を授与される
1987年6月〜1989年5月 「孔子」新潮に連載
1988年1月 歌会に召人として出席
1988年11月 「孔子」第42回野間文芸賞受賞
1990年9月 文学碑除幕式にご夫妻で故郷旭川訪問
旭川開基100年式典にて講演
1991年(平成3年)1月29日 急性肺炎にて死去(83歳)
  • マイナンバー
  • しんきんカード
  • e-Tax
  • ねんきんネット